アウトブレイク・エクスプレス (★★)

画像驚心動魄
A SARS Journey
2003年/中国

【監督】
 ◆王珈(ワン・ジア)
 ◆沈東(シェン・トン)
【脚本】
 ◆王戈洪(ワン・ガーホン)
 ◆李平分(リー・ピンフェン)
【出演】
 ◆涓子(チュアン・ツィー)
 ◆劉之冰(リウ・チービン)
 ◆沈慧芬(シェン・フイフェン)
 ◆李幼斌(リー・ヨウビン)
 ◆廖京生(リャオ・チンシェン)
 ◆章艷敏(チャン・ヤンミン)
 ◆丁霄漢(ティン・シャオハン)
 ◆張立(チャン・リー)  
 ◆何濤(ハー・タオ)
 ◆劉金山(リウ・ジンシャン)

 軍直属の八一撮影所で作られただけあって、徹底した人民解放軍賛美映画になっています。長距離列車にSARS患者が紛れ込んでいる事が発覚し、たまたま乗り合わせていた軍人たちが召集される場面など、ツッコミ必至でありましょう。

 日本で発売されているDVDの表紙やメニュー画面では鉄橋とともに爆破される列車が描かれていますが、そのような場面は本編中どこにもありません。

この記事へのコメント