硯〈すずり〉 (★★)

画像硯床
Ink Stone
1996年/中国

【監督】
 ◆劉冰鑒(リウ・ピンチェン)
【原作】
 ◆李平易(リー・ピンイー) 「巨硯」
【脚本】
 ◆程鷹(チェン・イン)
【出演】
 ◆李濱(リー・ピン)
 ◆陳頴映(チェン・インイン)
 ◆肖林(シャオ・リン)
 ◆黒靜環(ヘイ・チンホァン)
 ◆付程鵬(フー・チェンポン)
 ◆史[金×3](シー・シン)
 ◆劉長青(リウ・チャンチン)

 子供に恵まれない夫婦が“種受け”や“種付け”の為に他人を雇うといった王朝時代の物語が韓国映画にいくつかありましたが、この作品も同じ様な話です。確かに儒教発祥の地・中国ですから、こういう映画があってもおかしくはないのでしょう。
 この作品では若旦那が不能だったために従順な使用人に妻の相手をさせて子供を孕ませるのですが、これは絶対に外部に知られてはならない訳で、その秘密を隠すために家がした事とは…。
 風光明媚なロケーションとは相反する恐ろしい真実はインパクト大。

この記事へのコメント