ハイキック・ガール! (★★)

画像High-Kick Girl!
2009年/日本

【監督】
 ◆西冬彦
【脚本】
 ◆西冬彦 ◆木村好克
【出演】
 ◆武田梨奈  ◆中達也
 ◆高橋龍輝  ◆須藤雅宏
 ◆天野暁兒  ◆八木明人
 ◆小林由佳  ◆西冬彦
 ◆渡辺久江  ◆永嶋美佐子
 ◆蒲生麻由  ◆秋元才加
 ◆井村空美  ◆杉山綾
 ◆美里ゆう


 アクション女優として武田梨奈が逸材であることは疑いようが無いけれど、作品としてはかなり不出来。

 ストーリーは二の次三の次。ただひたすらヒロインのアクションを見せる事のみに腐心した作品、、、であればその潔さに拍手を送ることも吝かではありませんが、ラストの体育館での戦いが師範・中達也の独壇場になってしまい、ヒロインが完全に脇に追いやられた格好になってしまったのはいただけません。
 本物の空手家による本物の空手を見せたいというのは解るけれど、それは既に『黒帯 KURO-OBI』でやっていることだし、『ハイキック・ガール!』を掲げたからには最後まで武田梨奈のアクションを見せるという姿勢を貫き通すべきでした。そこがこの作品の最大の欠点。

 他にも、かえって粗が目立ってしまうセンスの無いスローモーションの乱発。演出が隅々まで行き届いていないことを伺わせる壊し屋の皆さんの棒立ち具合。キャラ設定に失敗しているとしか思えないヒロインのビッチな性格…等々。ストーリーの出来不出来を評価の対象から外してもなお、欠点ばかりが目立ってしまいます。
 
 評価できる点を見出すとすればアクションシーンしかないのだけれど、最大の見せ場になり得る武田梨奈と小林由佳の蹴り合いも、序盤に配置された上に、ヒロインが相手を見下したような戦い方をしてしまっているせいで、名場面になり損ねたように思います。

 しかし、武田梨奈は非常に楽しみな存在。これから如何な作品で、如何な空手アクションを見せてくれるのか、期待せずにはいられません。アクション映画にお金をかける土壌のない日本よりも、アジアに打って出て欲しいような気もしますが…。

(DVD/★★)

この記事へのコメント